ネイリストの夢!自宅サロンを開業する前に知りたい成功例・失敗例

ネイリストにとって自宅サロン開業は憧れ

ネイリストにとって自宅サロン開業は憧れです。
自宅サロンは開業するネイリストが主体となって営業出来るため、実力次第では安定した収入をもたらしてくれます。
ネイルサロンに勤務するのとは違い、自分のペースで仕事が出来ますし、勤務のための時間や交通費も全てカット出来るのも大きな魅力です。

ではそんな憧れの自宅サロンを成功に導くためには、一体どんな点に注意すれば良いのでしょうか?

開業に成功する人が行っていること

自宅サロンを長く営業し続けるには、やはり抑えておくべきポイントがあります。
そのポイントをチェックしておきましょう。

理想のサロンをモデリングする

自宅サロンを開業する前に、理想とするサロンをモデリングする事が大切です。
「このネイルサロンはいいな。こんなサロンにしたいな」と思えるお店があれば、積極的に施術を受けてお店のインテリアや雰囲気、サービス、料金などを参考にして、良いところはどんどん真似しましょう。

「人真似なんて絶対嫌!私はオリジナリティー溢れるお店にしたいの!」と感じる方がいるかもしれませんね。
もちろん確固としたポリシーがあり、店舗イメージが出来ているならそれを優先させる方法もあります。
ただ出店する際には周囲にあるネイルサロンの傾向やお店の位置確認、どんなお店なのか確認くらいはしておきましょう。

ターゲットをしっかり絞る

「どんな人でもお客様として受け入れたいから、ターゲットは設定しない」と考えるオーナーがいるかもしれません。
けれどそれでは逆に入りにくいお店になってしまいます。
中高年女性をターゲットにしたネイルサロンと、20代の若い女性をターゲットにしたネイルサロンでは、お店の雰囲気だって違うはずです。

「20~30代の比較的若い女性、仕事や育児をしっかりこなしながらお洒落にも興味のある方をターゲットにしたい」と具体的な顧客層をイメージすると、顧客に合ったサロンのインテリアや施術メニューをそろえる事が出来ます。

ターゲットが絞り切れていないと、施術メニューや店内インテリアなどがぼんやりとしてしまい、「一体誰を歓迎しているのか?何だかこのお店は好きになれない」とマイナスイメージを持たれる可能性もあります。
ネイルサロンはネイル技術だけではなくお店の雰囲気も楽しんでもらう場所です。

ターゲットを絞り、その人たちが「居心地よい」と思えるような店内空間やインテリア、雰囲気を作るのが一番。「誰でもウェルカム」では失敗してしまう可能性大です。

サロンブログやホームページなどネットでの宣伝を充実させる

今やSNS全盛の時代。たくさんの方がスマホやPCでブログやサイトをチェックしています。そこで是非活用したいのがブログやHP、またツイッターやフェイスブック、インスタといったネットを使った宣伝です。

特にサロンブログはオーナーの施術に関するこだわりやお薦めメニュー、お得情報、ネイリストの人柄が現れる個人的な意見や日常の一コマを発信出来るため、営業ツールとしても大変優秀。
また最近流行りのインスタにネイル写真を多数アップする事で「このネイルサロンのオーナー、いつもインスタに綺麗なネイル写真をアップしてる。今度行ってみようかな?」と興味を持ってもらえます。

ネットの拡散力や宣伝効果はかなり高いため、ブログやHP、インスタ、ツイッターなどは是非活用したいツールですね。
ネイルサロンの中にはSNSを有効に活用してのし上がっている店舗もあるほどです。

開業に失敗する例

自宅ネイルサロンは開業すれば誰でも成功するような甘い世界ではありません。
開業後半年~1年程度で行き詰ってしまうケースも多数あります。ここでは開業に失敗する例をチェックしてみましょう。

価格設定が安すぎる

最初から安価なメニューを設定してしまうと、お客様は「その価格がこのお店のスタンダード」と思い込んでしまうため、途中から施術代を上げてしまうと反感を買ってしまいます。
料金は営業を始めたら多少変えても構いませんが、値下げする分は歓迎されても値上げはしにくいもの。

そのため最初から激安メニューを設定しないように注意しておきましょう。
激安メニューはもちろん、あまりにも高額な料金メニューを提示すると、お客様の囲い込みが難しくなります。
高額であるほどお客様の期待も大きくなりますので、期待外れな出来栄えでは悪い評判が立ってしまいます。

出来れば他のネイルサロンの料金相場などもチェックしておき、利益が確保出来る料金設定を考えておくべきです。
基本として極端に安い料金は避ける事。他のネイルサロンにも影響しますので、よく考えておく事です。

大手と同じようなことをやろうとしてしまう

大手ネイルサロンは資本力がありますので、大々的に広告を打って新規顧客を大量に獲得すれば、お店はある程度回していけます。
ネットに広告を出せば面白いように新規客が来るものです。

ところが資本力のない個人ネイルサロンで、大量の広告費を掛けての集客はほぼ無理。
大手ネイルサロンが実践している営業方法をそのままコピーするのは困難です。

個人ネイルサロンは一人一人の顧客に合った施術を提案し、きめ細かいフォローでたくさんのリピーターを獲得しなければ生き残れません。
大手のやり方を真似するのではなく、個人ネイリストのメリットを生かした営業でお店のファンを増やすのが一番です。